ブログトップ

++bowl++

mamabowl.exblog.jp

祈り

この度は、東日本大震災に遭われた皆様方に心よりお見舞い申し上げます。


今回の災害は私たちにとってはとても記憶にのこるものとなりました。
連日、テレビでのニュースに私たち親子は唖然とし、立ちすくむばかりでした。
何かできることはないかと必死に考えました。
その日その時からできることはないか。
それは祈ることでした。

私は今回の災害で一男に祈るということを教えました。
今までにこんなに心の底から祈ったことはなかったと思います。

「お願いと祈りは違うんだよ。
私たちではどうしようもないときに誰かのためにお祈りをするんだよ。
お祈りをするときは自分のためじゃないんだよ。」

彼は布団に入り、目をつぶってお祈りをして寝ました。
次の日、彼と同じ年の男の子が救助され、それをみていた彼は手を叩いて大喜び。
『お母さん、お祈りしたから助かった!僕のお祈り届いたんだね』

彼の祈りにはこたえてくれる存在が確かにいました。
彼が寝る前にお祈りをすると次の日には助かった人がいたのです。
それが数日あいて祈っても次の日には救助の話を耳にしました。
この無垢な心での祈り。
大人になっても必要なんだと改めて教えていただきました。
[PR]
by mamabowl | 2011-04-06 22:49 | 日々の思い出
<< キャロットケーキ 白玉だんご >>